So-net無料ブログ作成
検索選択

だんだん現実味が増してきました [できごと]

今日は午前保育で12時にいったん帰り、2時30分から幼稚園の年少保護者会でした。
気がつけば幼稚園のママ達と会うのはこれで最後になる人が多いかもしれないことに。
火曜日9日から幼稚園が始まったので先生に引越し日を宣告しておいたら保護者会の
最後にいきなり挨拶させられてしまいました。思わず「げっ」と言ってしまいました。

その後はシドロモドロ。
一人ひとりには言うころが多くても集団に挨拶となると紋切り型にしかなりません。
でも、私の初めての子育て専業主婦、退職&再就職ならず、子供2人を1人で抱え込む
重圧、家を住みやすくできないイライラ、疲弊感などをみんなで包み込んでくれたクラス
の皆さんに感謝です。疲れ切っていても、何ということもないのにみんなと会った後は
高校生に戻ったぐらいたまにただ楽しくてニヤけてしまいました。億劫だけれど気分を
変えるには人に会うことは大切ですね。

お稽古の待ち時間中の間に交流する幼稚園の年中、年長さんのママ達も親切で楽し
かったです。

今度も子供はもちろん、ステキな先生やお母さん達が揃った幼稚園に行きたいです。
息子もお友達に恵まれ、一日も「幼稚園に行きたくない」と言いませんでした。
目をキラキラさせながらワクワクと幼稚園に向かう勇ましい小さな姿は頼もしかったです。
引越し日を報告してしまったので来週は毎日顔を合わせる送り迎え組と懇親会係の
仲良しグループとランチとお宅訪問です。

息子は保育園に入れず、幼稚園に入れようと思います。
住んでみないと私も働けるか分かりませんし、地方のお給料は東京に比べると安いです。
地方は東京に比べると物価も安いらしく、幼稚園のお月謝も東京より1万円安いです。
まだ引っ越した後は4月に2年保育で幼稚園に入園するか、ものすごく中途半端に転入
するか考えあぐねています。夫が毎日帰れないようであれば、とりあえず見知らぬ地で
頼れる人もなく閉じこもって子供を2人べったり育てる自信を年末に失いました。
息子の精神的ケアを含め、なんらかの対策を講じなくてはなりません。
来週こちらの市の無料子育て相談に行ってみようかと。何か見えてくるかもしれません。

引っ越して待ち時間が終わればここ1年耐えてきた多くの我慢からも開放されるかもしれ
ません。とりあえず今度のお家は1年以上住む予定なので住みやすく愛着を湧かせて
あげようかと期待しています。メランコリーも良いけれど、新しい生活に気持ちを入れ替え
ませんとね。とりあえず冷蔵庫の在庫調整と荷物の処分を始めました。

それにしても娘は今日もラテン系の明るさを放って豪快に生きています。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

たったん

昼休み帰宅中。。

我が家もたびたび越してますが、何とかなるもんです。
そして頼れる親類が回りに皆無なので
幼稚園の母親友達を大いに頼ったりしています。

きっと新しい土地で素敵なお友達ができますよ!
のび家にはそんなパワーがあるような気がします。

自信持って行ってきてください!
応援してますよ!
by たったん (2007-01-12 12:23) 

のび

応援ありがとうございます!
きっとめげたらたまに帰省しますのでどうぞこれからもよろしく
お願いします。
by のび (2007-01-14 01:16) 

よっつん

やっぱりシングルマザー状態はいろいろ大変だったんだね。
でも考えたらうちんとこものびちゃんちのとこも、小さい子供を連れて
海外暮らししていたのよね。(うちの母親なんて英語全然ダメだったのに
よくやってたと思うわ。)

だからのびちゃんもきっと大丈夫よ。
私は何もできんが、いつでも電話をかけておいで。
泣き言でもなんでも、聞くことくらいならできるから。

ちなみに北海道に嫁いだ従姉は、今やたくましくなり、雪道でもガンガン
車を運転してます。子供が二人いますが、フルタイムで働いています。

案ずるよりも産むが易し、かもしれませんよ。
きっとのびちゃんの周りには、いい人たちがまた集まってくるよ。(^^)
by よっつん (2007-01-14 21:18) 

のび

先輩、かっこいいっす。着いて行きます。

母が幼少の私達に「私が死んでしまってもいいの?」と絶叫していた
気持ちが今分かります。夜になると「もう英語はコリゴリ~」と頭痛を
堪えてソファーで溶けている母も思い出しました。よくやりましたね。

未婚なら自分の人生を生きられるのに、こんなはずじゃ…っと思いつつ
私には自分らしい生き方みたいなものには責任が取れなさそうなので、
振り回されて家族のせいにしている方が気が楽なのかもしれません。

子供達ももちろん、私もたくましくなれるかもしれませんね。
できれば肝っ玉おばちゃんではなく、成長した女性になりたいのです
が…。
by のび (2007-01-15 23:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。